街に生きることは、
街に生かされることです。

「ちんや」には浅草の街を愛して下さる、大勢のお客様が見えます。みんな、いい人ばかり。
「毎年初詣に」「毎年忘年会で」「毎年お彼岸に」「毎年祭りを見に」「毎年花火を見に」「毎年サンバを見に」来店なさる方がたくさん。
そういう方々から、ありがたく「お代」を頂戴して、私たちは暮らしています。「ちんや」で働くことは、そういう方々と出会うこと。お客様と街に生かされることです。

六代目店主・住吉史彦の本の浅草に関する著書を是非お読みください。
『浅草はなぜ日本一の繁華街なのか』(「晶文社」刊行)

> 浅草はなぜ日本一の繁華街なのか