「ちんや」で働くことは、「ちんや」とお客様の歴史を創ることです。「ちんや」で働くことは、浅草で働くこと・浅草に生きることです。

「ちんや」で働くことは、「ちんや」とお客様の歴史を創ることです。「ちんや」で働くことは、浅草で働くこと・浅草に生きることです。

すき焼き「ちんや」は、
もともとはすき焼き専門店ではありませんでした。
江戸時代は諸大名や豪商に狆(ちん)などの愛玩動物を納め、
獣医を兼ねていたことから「狆屋」と呼ばれておりました。
そして今から約135年前の明治13年に料理屋に転じた時、
"ちんや"をそのまま屋号にいたしました。
その後、明治36年にすき焼き専門店となり、
開化の味を世紀を越え伝えてきたのです。

老舗は日々創られる

「ちんや」で働くことは、お客様の歴史を創ることです。そして、それは同時に老舗「ちんや」の歴史を創ることでもあります。

> 詳しくはこちら

思い出を売る

すき焼きを売ることは、思い出を売ることです。
すき焼きは日本の「おごちそう」の代表だから、すき焼きを売ることは、思い出を売ることです。

> 詳しくはこちら

浅草に生きる

街に生きることは、街に生かされることです。
「ちんや」には浅草の街を愛して下さる、大勢のお客様が見えます。みんな、いい人ばかり。

> 詳しくはこちら

肉好きスタッフが集まる店

「ちんや」スタッフは皆元々「肉好き」。入社後さらに肉について学び、その知識で選びぬいた肉を提供して、お客様を喜ばせたい!という人達です。だから福利厚生も「肉づくし」。

> 詳しくはこちら

ユニークな取り組み

お客様との絆を深めるために、「ちんや」ではユニークな取り組みをしています。
・『すき焼き思い出ストーリーの本』(創業135記念出版)
・「すき焼き思い出ストーリー特設サイト」(創業130記念事業)
・すき焼き川柳包装紙
・「記念日割引」

> 詳しくはこちら

ひとあじ違う採用方法

選考面接の前に「お客様体験」をしていただき、「ちんや」の味を体感していただきます。(無料です!)

> 詳しくはこちら