亡き友人と一緒に食べた、一番美味しかったすき焼き

善玉コレステロール さん(東京都 47歳 )から頂いた投稿です。 その他編

 

 今から2年前の正月に、私の大学の後輩が42歳の若さで癌で亡くなりました。偏屈な奴でしたが私とは妙に気が合い、20年ほど前からお互いに結婚するまでのしばらくの間、彼は当家に居候をして毎晩のように飲み歩いていたような間柄でした。
 彼が居候をしていた頃、私は婚活に忙しく、いろんな方に良縁を紹介していただけるようにお願いをして、毎週のように多くの女性と出会いと別れを繰り返していました。

 そんなある日、とある女性と会食する予定で小ぎれいに身支度をして、お小遣いもたくさん用意して出かけたところ、急にキャンセルになったことがありました。
 高揚感が一気にしぼんだ状態で1人でご飯を食べても、こんなにつまらないことはありません。

 幸い手元には豊富な軍資金があったので、とびっきりの牛肉をふんだんに買って帰宅することにしました。

  家には居候が1人でいました。身ぎれいな格好で牛肉をぶら下げて玄関先に立っている私を見つけて驚いていました。

 そりゃそうでしょう。
 今頃きれいなお姉ちゃんと二人で食事してるんだろうと想像していたのでしょうから。

 それから二人で手際よくすき焼きの準備をして、あっという間に高級牛肉のかたまりを平らげてしまいました。

 この時のすき焼きを、「今まで食べた中で一番美味しかったすき焼き」と生前話していたこと、これがすき焼きの思い出話としては真っ先に浮かんできます。

 
ご家族応援プラン