ごった煮すき焼

ヨコちゃん さん(東京都 65歳 )から頂いた投稿です。 その他編

 

昭和43年のことであるから、かれこれ約半世紀前の出来事である。
私は大学に合格し故郷を後にして金沢の地で4年間すごすことになった。
貧乏学生である私は大学の寮に入った。
寮には先輩が150人位いたと記憶する。新入寮生も30人近くいたと思う。
当時は学生運動が盛んで寮にも色々なセクトの人がいた。
夜になると集会室で木刀を持った先輩が歌唱指導と称して旧制高校時代の寮歌や校歌を教えてくれた。歌詞カードだけ渡されて先輩の後について歌うのである。
メロデイーを覚えるのが大変であった。
そんな日が何日か続いた頃新入生同士で仲良くなった数人で「すき焼パーテイー」をやろうということになった。
出身地も育ちも異なる者同士だから「すき焼」についても色々な意見があった。
新潟県出身の私が「肉は豚」と言うと愛媛県出身のA君は「肉は牛だよ」、栃木県出身のB君は「肉は鳥だよ」と言う。
千葉県出身のC君は宗教上の理由で肉も魚も食べないので「どっちでもいいよ」という始末。
つけあわせにしてもA君は「もやしを入れろ」と言うし、長崎県出身のD君は「ソーメンを入れよう」と言う。
結局、皆の意見を取り入れて「ごった煮すき焼」が出来上がった。
貧乏学生には大変うまかった、と記憶している。
あれから約半世紀、北陸新幹線が金沢まで延伸したのを機に、この夏思い出の地金沢で全員集合を計画している。
半世紀振りに兼六園の琴路灯籠の前で集合写真を撮るのが楽しみだ。

 
ご家族応援プラン