【大ショック!】上司・経営者が知らない!?社員が思っている忘年会 7つの本音? え、社長、知らなかったんですか?

すき焼き「ちんや」六代目の住吉史彦です。
ビジネスマンの方を対象に、忘年会に関する意識調査を実施させていただました。
目的は、もちろん、日本の会社の忘年会を、もっとワクワクするもの、もっと意義あるものにしたいからです。

この調査結果は、そのための参考にしてください。
忘年会は毎年惰性でやっている…では悲しいですよね。
ビジネスマンの皆さんは、どんな忘年会なら出席したいのか、逆に、どういう忘年会はパスしたいのか、
その答えがここにあります。
会社の忘年会から、この国を元気にしていきたいと思います。
よろしくお願い申し上げます。



上記目的のもと、都内で働くビジネスマンを対象に、デプス・インタビュー形式で会社の忘年会について意識調査を実施しました。
調査期間:2013年11月21日・26日(2日間)

■本音1 上司の余計な一言は本当に止めて欲しい

・忘年会の場で業績発表会とかしてグチグチ言われるのは最悪です (39才 男性 電子)
・よく楽しそうに飲めるな~とか、今その一言いらないから (39才 男性 設計)
・上司が居るとうるさくて一緒に飲みたくない (38才 男性 IT)
・総括、ダメ出し、説教、そして来年の事を話し始める社長、まず今年を忘れさせてくれ (48才 男性 不動産)

一番多く集まったのは、上司の小言に関する意見でした。これは、良く聞く話ですよね。
これが嫌で宴会を拒否し続けている人も中にはいました。部下に対して何か言いたくなっても、
グッと堪えて余裕を見せておけば部下ウケも良くなることでしょう。

■本音2 要は仕事の一環なんでしょ

・上司に気を使ってお酌ばかりさせられる (25才 女性 IT)
・忘年会ってサラリーマンの勤めだと思ってますので、我慢するだけです (43才 男性 IT)
・やりたくもない余興を上司命令でやらされるのはどうかと思う (36才 男性 IT)

一年を忘れるはずの忘年会なのに、業務命令が入ってしまうと嫌な思い出しか残りません。
忘年会だからこそ部下を気遣う気持ちがいつもよりも大切になるのかもしれませんね。

■本音3 えっ!割り勘なの?

・嫌いな上司と飲むのに身銭をきる事に信じられません (33才 男性 法律)
・参加したところで一円にもならないのに自分で払うのはおかしい (48才 男性 不動産)
・勝手に高いお店にしておいて割り勘はきつい、だったら給料を上げて (37才 女性 研究)

今回の調査で3分の1の会社が割り勘、会費制を取っている事が分かりました。
また、強制参加を強いられているのに割り勘を実施している事に不満が溜まっていました。

■本音4 ただお酒を飲むだけの忘年会だったら参加したくない

・もっとチーム対抗で達成感が得られるようなゲームを企画して欲しい (36才 男性 IT)
・定番の出し物ばっかりで本当に面白いと思える出し物も考えてみて (38才 女性 イベント)
・皆が一体感になれる企画をベタな事でも構わないのでやって欲しい (23才 女性 建設)
・脱マンネリ!毎年同じ流れなのでもう飽きました (35才 男性 飲食)

もしも親睦を目的としているなら、もっと楽しめる企画を用意して欲しいという声が多数 ありました。
忘年会には、社員が一体となれる企画や余興を盛り込むといいかもしれません。

■本音5 その場を楽しめるためのちょっとした気遣いが欲しい

・次の日を休みにしてくれると力いっぱい楽しめるのに (35才 男性 飲食)
・お店の雰囲気がオシャレで自由に動けるビュッフェスタイルがいい (24才 女性 建設)
・一度座ったら身動きが取れないような狭い席は勘弁して (39才 男性 電子)

次の日が仕事だと気分的にセーブしてしまうという人が多くいました。
また、席の固定や動きづらい部屋になると親睦が深められないとの声もあがっていますので、
広々とした空間で自由に動けるスタイルにした方が社員も喜んでくれるかもしれませんね。

■本音6 食事やお店のサービスはどうしても気にしてしまう

・忘年会が続く時期だからから揚げとかの油物料理は止めて欲しいです (24才 女性 建設)
・全品280円みたいな安すぎる居酒屋だと悲しくなります (24才 男性 不動産)
・頼んだ料理や飲み物が中々出てこなかったので上司の機嫌が悪くなった (31才 男性 広告)
・お酒が飲めないので食事だけを楽しみにしていたのに料理が不味かった (33才 男性 法律)

せっかくの忘年会ですから、普段自分達でも行けるところとは違う(ちょっと贅沢な)お店にして
欲しいという意見と会社で負担してくれるならどこでも良いという意見の二つに分かれました。
ただ、口には出さないけど思うところは色々ありそうですね・・・。

■本音7 私の理想の忘年会は・・・・・・

・現実的には無理だろうけど、ディズニー貸し切り (24才 女性 不動産)
・お笑い芸人を呼んで盛り上がれる忘年会 (39才 男性 設計)
・クラブの貸切なんかだったら凄く楽しそう、みんなで踊って騒ぎたい (38才 男性 IT)
・知らない男女混合の忘年会、ぐふふ・・・ (48才 男性 不動産)

理想を聞くと、もはや忘年会とは言えない回答になりました。特に最後の回答は悪い企みを
感じさせる内容ですね。
ただ、“楽しい忘年会”だったら喜んで参加したいというのも本音の一つのようです。

最後に、

この調査結果は、いかがでしたか?
今までやってきたことは何だったのかとは思わないでください。
言い換えれば、この逆をすれば良いという事です。
やはり会社の忘年会は、部下の一年の働きを労うために感謝を込めて、
全員が楽しめる会としていくのが一番のようです。

くれぐれも、小言を言ってしまうような忘年会にはしないでくださいね。

>> 浅草のすき焼ちんや

ページの先頭へ